「コロナがバイオテロ兵器」、コロナ追加調査はテロ対策へ

1

作者:日本東京方舟農場 風花雪月

米上院議員ロジャー・マーシャル氏は、FOXニュースのインタビューを受けて、「中共がバイオテロ兵器を作った」と述べ、米現役上院議員が主流メディアを通じ生物兵器説を表明することとして初となる。

「中共がバイオテロ兵器を作って、恥じを知るべき」、「ウイルスを研究所から流出させて、恥じを知るべき」、「情報を隠蔽して、恥じを知るべき」、「明らかに中共がバイオテロ兵器を研究している」と言った。

ここで重要なのは、「生物兵器」ではなく、バイオテロ兵器(生物兵器テロ)と評価することである。バイオテロとは、細菌やウイルス、毒素などの生物剤を意図的又は脅迫的に投射・散布することによって、政治的・経済的・宗教的なパニックを引き起こすことである。

コロナがテロに関係するとなると、テロ攻撃に参加したと疑われる人員の逮捕や取り調べは民事裁判を採用せず、米国内の反テロに関する法律や措置に基づいて行動することは可能になる。グアンタナモ湾収容所はその収容所の一つとしてよく知られている。

中共はアメリカで、手続きの複雑な、調査期間の長い法の適正プロセスを巧みに利用し、時間を稼ぎ、事態を自ら希望の方向へ誘導する。所謂「法律の超限戦」を発揮している。コロナがテロ攻撃に関係するとなると、そのデメリットを解消できるほか、コロナ真相の解明がスムーズに進行できると考えられる。

米現役上院議員はFOXニュースで「バイオテロ兵器」と指摘というのは、米国会の中でウイルス追加調査に対して対テロの手段で進みそうと読み取れる。

參考網站:

  1. ロジャー・マーシャル氏のインタビュー
  2. バイオテロ兵器とは
  3. グアンタナモ湾収容キャンプ

發布:miumiu

Loading...