ブリンケン氏: 米国の目的は中国を抑圧することではなく、世界と中国の人々の利益のためだ

0

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

中共国はG7サミットに招待されなかったが、

G7以外の他の主要国は招待された

そして、より広い意味で

今回のサミットは

広範な民主的連合の初期の姿と言えるだろう

その意図は中共国と

ロシアの独特な権威主義に対抗することだ

ロシアについて、

ドミニク(英国外務大臣)が述べているように

我々はロシアの行動に注目している

ロシアがどちらの方向に進むかを見ている

我々は関係を悪化させたくはない

より安定した予測可能な日米関係を望んでいる

ロシアがその方向に進めば、

我々もその方向に進む

バイデン大統領がプーチン大統領に会った時

そのことを直接話し合う機会があると思う

確かにある分野では、明らかに米国と

ロシアは協力し合うこと考えているが

戦略的安定性を如何に達成するかが、

その協力の第一歩となるかもしれない

まだ大きな意見の相違があるが

我々は両国間の

「新戦略兵器削減条約」を5年間延長した

他の協力の機会も探している

中国に関しては、中国を抑制したり

抑圧したりしようとはしていない

我々は既存の「ルールに基づく国際秩序」を

守りたいだけなのだ

この国際秩序は何十年にもわたって

多くの国からの意見が蓄積されてきた

自国の人々のためだけでなく

中国の人々を含む世界中の人々の利益のためだ

中国でも他の国でも、どんな国でも

このルールに基づく国際秩序に挑戦したり、

破壊したり、侵食しようとする行為を行い

そしてその約束を果たさなかった場合

我々はその国際秩序を守るために立ち上がる

我々には、共通の目標を達成するために

各国を団結するような

ポジティブなビジョンを提示し

発展させる責任があると考えている

我々がG7で行っていることの多くは

まさにその目的のためだ

我々が直面している課題は

非常に具体的に示すべきだと思う

自分たちが代弁する人々のために、

言葉と行動を実行することだ

我々が直面している課題の大半は、

人々の生活に実質的な影響を与えるものだ

パンデミックにせよ、気候変動にせよ、

新技術の破壊的な影響にせよ、全てがそうだ

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません

アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

Loading...