マイク・ポンペオ氏、武漢の研究者が入院したというニュースの中で中国を非難:「彼らがこのウイルスを覆ったことは確かだ」

0

マイク・ポンペオは、中国を非難し、コロナウイルスの起源の背後にあるラボリーク理論を促進するための立証を宣言するために、武漢ウイルス研究所に関する最新のレポートを使用しました。

元国務長官からFoxニュースの寄稿者に転身した同氏は、月曜日にAmerica’s Newsroomに参加し、2019年末に武漢研究所の研究者3人が入院したという情報をThe Wall Street Journalが報じたことについて議論しました。この展開は、コヴィドのパンデミックが中国の研究所から発生した可能性について新たな疑問を投げかけており、ポンペオ氏は以前から研究所流出説を唱えていたことを話しました。

「私が見たのと同じ情報を見たはずの科学者が、米国政府の科学者でさえこれを否定しているのを見て、言語道断だと思いました。米国政府の科学者でさえ、私が見たのと同じ情報を見ているはずなのに、これを否定しているのは言語道断です。」ここで何が起こったのかを知る必要があります。中国共産党はここで起こったことを知っています。彼らは、ペイシェント・ゼロが誰であるかを知っており、これがどこで始まったかを正確に知っています。

ポンペオ氏はさらに、中国に対してさらなる調査を要求し、「このようなことが再び起こる可能性がある」と警告しました。彼らは現在も同じ研究所で、1年以上前に起こったことと同じような方法で研究を行っているのです」と述べました。また、ビル・ヘマー氏が、アメリカはこの件に関して中国から「率直な答え」を期待できるのかと質問すると、ポンペオ氏は、いずれ誰かが中国から抜け出して武漢研究所に関する真実を伝えることになると「確信している」と述べました。

彼は続けた:

「世界はどうやって、中国に責任を取らせることができるでしょうか?これを行うことができるフォーラムはたくさんあります。中国が隠蔽工作に参加した相手に報酬を与えている世界保健機関に、一体なぜ再加盟するのでしょうか? 彼らはこの情報を世界の手に渡さないように共謀したのです。アメリカ政府は、中国共産党が自分たちが何を知っていて何をしたのかを白状するまで、実際のコストを課すためにできることがたくさんあります。中国共産党がこのウイルスを隠蔽したことは確かです。今日見た証拠はラボのリークと一致するものであり、それを見つけることができると確信している。もし私が間違っていたら、中国共産党が名乗り出て、私を馬鹿にしてくれることを期待しています。」

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンクhttps://www.mediaite.com/tv/mike-pompeo-slams-china-amid-news-of-hospitalized-wuhan-researchers-we-know-for-sure-they-covered-up-this-virus/

Loading...