台湾の呉釗燮外相「中共が台湾に対して、武力行使をする可能性があり、それに対処しなければならない」

1

記事編集:日本東京方舟農場 kikkou文郎

呉釗燮外相は「台湾にはサイバー攻撃に対処するのに十分な能力がある。それは、中国共産党が台湾に仕掛けたサイバー犯罪に対処してきた長い経験があるからだ。彼らはサイバー戦と認知戦を利用し、情報戦と軍事的脅迫を通じて、台湾の人々の間に大規模なパニックを引き起こす目的だ。」

「なぜ北京政府は今、これをしているのか?なぜ彼らは今、行動を強化しているのか?」

呉釗燮外相は「中共は台湾に対する領土の野心を持っている。中共はそれについて話し続けているのだ。しかし、彼らも自分の影響力の範囲を拡大しようとしていると思う。東シナ海、南シナ海、または、第一列島線を越えて西太平洋に至る。だから、それは台湾の問題だけではない。私たちは勿論、国際社会が台湾地区の平和、安定に引き続き注目し台湾を支持し続けることを望んでいる。」

「米国と西側の民主国家の行動は中共による脅迫行動にどの程度つながっているか?」

呉釗燮外相は「中共の対台湾長期軍事作戦計画を観察すると、それはG7会議の前に始まっている。米上院議員がC-17輸送機に乗って台湾に到着する前に始まったわけだ。しかし、中共が様々な言い訳を使って、計画を実行することもある。」

「中共は武力で統一したり、武力で分裂を阻止したりする意図があると思うか?」

呉釗燮外相は「中国共産党が、平和的手段で台湾を統一しようとしているが、必要があれば、武力も行使すると思われる。したがって、起こりうる衝突に備える必要がある。」

あなたから見れば、北京と台北が全面的な軍事衝突が起こる可能性はどのくらいあるのだろうか」

呉釗燮外相「私たちはそれが起こらないことを望んでいる。台湾と中共の戦争は誰の利益にもならないから。重要なのは、台湾が民主国家であり、民主の象徴であることだ。特に中共が権威主義的勢力圏を拡大しようとしている時、台湾は最前線にいる。」

參考網站:https://gtv.org/video/id=60de72309d5f0c1bd7ee08f9


校正: 風花雪月 發布:miumiu

Loading...