秘訳オンライン:ブラジルが数千万回分の中国産ワクチンの接種を緊急中止

2

翻訳:待命(文暁)

(画像は、ロイターによるものです)

ブラジルの連邦保健当局Anvisaは、土曜日(9月5日)に発表した声明の中で、中国共産党の科興控股生物有限公司が開発した中国共産党のウイルスワクチンが無許可の工場で製造されたものであるため、1,200万回分以上の使用を停止したと、Voice of Americaが9月5日に報じた。

規制機関であるAnvisaによると、サンパウロのButantan研究所は、科興控股生物有限公司と協力して同地でワクチンの缶詰を完成させている生物医学センターだが、金曜日に、無許可の工場で製造された25バッチ、合計1210万回分の科興控股生物有限公司製ワクチンがブラジルに送られていると警告した。

Anvisaは、”生産ユニット…… は検査を受けておらず、当該ワクチンの緊急使用についてAnvisaの認可を受けていない “と指摘しています。 Anvisa社は声明の中で、今回の禁止措置は「差し迫ったリスクの可能性に人々をさらすことを避けるための予防的措置」であると述べている。

また、Anvisaは、Butantan研究所によると、同じ工場で製造された別の17バッチのワクチン(合計900万回分)もブラジルに向かっている、さらに、90日間の禁止期間中、Anvisaは工場を検査し、製造工程の安全性について詳細を知ることを求めることを明らかにした。

ブラジルの規制当局は、メーカーの合法性を理由にこの科興控股生物有限公司のワクチンを禁止したに過ぎないが、少なくとも当面は、ブラジル人にとって科興控股生物有限公司のワクチンの毒物から安全になったことは、いずれにしても良いことである。3ヶ月の禁止期間を設けることで、ワクチンによる被害がより明らかになり、ワクチンの真実が一挙に明らかになるかもしれません。

今年初めのブラジルでの発売時には、大半の接種が科興控股生物有限公司のワクチンで行われていました。 その後、他のメーカーのワクチンの種類が増えてきました。 しかし、ワクチン接種、特に科興控股生物有限公司のワクチンによる短期間での回復の後、ブラジルでの流行は深刻な状態が続いており、今週の土曜日だけで21,804人のコロナウイルスの新規感染者が報告され、692人が死亡している。

科興控股生物有限公司のワクチンの安全性や有効性については以前から疑問視されていましたが、今回、無許可の工場で生産されたワクチンが他国に送られていたことが明らかになり、まさに「毒殺」と言える状態になった。

郭文貴氏が起こした爆料革命は、ワクチンが役に立たず、より多くの害をもたらす可能性があることを世界に警告し続けているが、このような人類を救うための正義の声が、闇の勢力に支配されたメディアによって封じられてしまったことは残念でなりません。今、郭文貴氏は、中国共産党ウイルスの解毒剤であるアルテミシニンを世界に向けて発表し、世界が早く目を覚まし、解毒剤を使って国民をウイルスやワクチンから救い、最終的に中国共産党ウイルスを解き放った犯人である中国共産党を清算することを願っている。

情報源

(この記事は筆者の個人的な意見です)

Loading...