米国は中共国の科学研究とデカップリング法案を検討

0

作者:ヒマラヤ東京桜団翻訳組

この法案が可決されると

米中間の科学研究交流の幕は落とされることになる

中共は認識した

法案が可決されると、米中の科学界

学術界での協力パートナー関係は

回復不可能な致命的な破壊に直面するだろう!

つまり、米国の全ての科学者は今後

中共国の研究プロジェクトに参加した場合

米国政府からの資金援助は断ち切られるのだ

あなたの

参加した研究プロジェクトは

もし中共からの資金援助を受けた場合

米国政府は

全ての資金を打ち切る

完全に断ち切るのだ

米国連邦政府からの研究資金が無くなる

これは非常に恐ろしいことだ

そして、補うために

中共国が提供する資金が無くなると

纏めて5年間、合計1,100億ドル

今迄中共国からもらった美味しいケーキのようなものを

こちらから補填するのだ

ところが、中共国とあらゆる分野で

テクノロジー、科学研究、学術、トレーニング

中共と接触してはいけない

もし、接触したら

米国の国立研究資金から1円も貰うことができない

これは

間違いなく大事だろう、一旦可決されると

今迄中共国が使い慣れたメディアによる情報戦、

賄賂や買収、性的誘惑の手段で

アメリカの

科学界、アメリカの学術界、アメリカの大学を利用して

中共の研究開発に手伝わせた

このようなことは完全にできなくなるのだ

皆にこれを知ってほしい

あらゆる科学研究、科学分野は

すべて

世界においても

同じ情報共有を行っている

アメリカ今後の全て、例えば「ネイチャー」誌や

NIHのデータや

データベースも含む

中共国と共有しない

まったく共有しないとなったら

中共国の科学研究なんて何もできなくなるのよ

ウイルスのシーケンス

はっきり言うと、このやり方で

シーケンスさえも調べることができなくなる

シーケンスを調べる機器、

そしてそのチップは米国製だから

中共はなにもできなくなるだろう

昔の古いものを使うかもしれないが

数年後、シーケンス機械の

メンテナンスもできなくなるだろう

だから、科学技術面でのデカップリングは

ものすごく打撃になるだろう

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

Loading...