高燕燕がゴールドマン・サックスの副会長にラブソングを教える

2

投稿:東京桜花団/待命(文暁)

(画像はGTVによるものです)

北京時間の10月13日夜、新中国連盟はGTVを使って、再度ビッグライブを行った。今回のビッグライブには、郭文貴さんが個人的の体験、或いは諜報機関からの情報よることを次々と暴露したことで、ゲストたちは拍手喝采を浴びた。

一見、笑い話のように見えるが、実は中国共産党がBGYを世界に向けて実行するための悪事ばかりだ。例えば、郭文貴さんがニューヨークのカラオケに参加したとき、大手ファンドのゴールドマン・サックスの副会長が中国語の歌を歌っているのを聞いたが、それは「路辺的野花不要采」(日本語では、道端の野花を摘まないで)というラブソングだった。郭文貴さんが“なぜ中国語の歌を歌えるのか? ”と聞くと、“高燕燕が教えてくれた”と返答された。

彼がCICの初代設立者である高燕燕について、こう語っている:左足はウォール街、右足はワシントン、アメリカの半分は彼女のお尻の下に座っている!

(この情報はGnewsによるものです)

高燕燕という名前は、爆料革命の戦士たちにはお馴染みだ。 これはなぜでしょうか? これはなぜか? これは何のことでしょうか?

(この記事は筆者の個人的な意見です)

校正:東京桜花団/老黑
アップロード:東京桜花団/老黑

Loading...