(共産党)中国、ファウチ両方によって「カバーアップ」されたコロナウイルス感染症

0

翻訳者:ニューヨーク香草山農場健身部 幸福鳥 

ニュースマックスでの元トランプ政権の貿易・製造政策局長ピーター・ナバロ氏によれば、アンソニー・ファウチ博士は武漢から始まった世界的なコロナウイルスの発生をカバーアップした中国の共犯である。

(共産党)中国が米国のデータベースからコロナウイルス感染症のサンプルを削除したことについて尋ねられたとき、ナバロ氏は火曜日(6月30日)の「グレッグ・ケリー・レポート」という番組で「中国人によるカバーアップがありました。ホワイトハウスでは、当時その遺伝子データがあれば、米国で数十万人、おそらく世界中で数百万人の命を救うことができたはずです。それで、彼らはその配列が遺伝子操作されたウイルスであるものとまったく同じように見えることを知っていたので、意図的にその配列を隠しました。」と語った。

ナバロ氏は、さらに次のことを付け加えた。つまり、「国立アレルギー感染症研究所の所長であるフォーチ氏は、世界的大流行が宣言される前に、当時のドナルド・トランプ大統領に率直に事情報告しませんでした。トニー・フォーチはウィルスが研究室から来たものであることを知っていたので、カバーアップの共犯です。そして彼が2020年1月に彼の知っていることを単に大統領に話したならば、ドナルド・J・トランプは中国人に遺伝子データのリリースを求めたはずです。」とナバロ氏はゲストホストのエリック・ボリング氏に語った。

「世界的大流行を起こす代わりに、武漢にウイルスを封じ込めることができたはずです。それは結局本当に悲劇的な結果となりました。」 ナバロ氏はまた、機能獲得実験の回復に関して、ファウチ氏が大統領に対して透明ではなかったと主張した。

「タイムラインは非常に一目瞭然なものです」とナバロ氏は続けて語った。 「2017年に、トニー・ファウチ氏は基本的に大統領の後ろに隠れて、この機能実験の利益を取り戻しました。エリックさん、それが致命的なウイルスを生み出したのです。アメリカの納税者は、ファウチ氏を通じてその代償を払いました。そこでアークタイムがありました。これを知っていたのなら、エリックさん、もう一度言いたいのですが、今日、何十万人もの人々が生きているでしょう。」

ナバロ氏は、ファウチ氏が宣誓の下で議会の前に証言することを望んでいるだけでなく、ファウチ氏が解雇され、(共産党)中国がコロナウイルス大流行による死亡者と経済的衝撃に対する賠償金として米国に20兆ドルを支払うことを示唆している。

「私の見積もりは最低でも20兆ドルです。つまり、エリックさん、彼らは私たちに20兆ドルを借りています。」とナバロ氏はこのように語った。 「私たちはすぐにそのお金を集めなければいけません。それは大きなチケットですよ。私たちはそのお金が必要です。そしてトニー・フォーチを解雇する必要もあります。エリックさん、彼は熱い席に座る必要があります。なぜ彼がこの大流行で彼の役割を隠したのかについてアメリカの人々に答える必要があります。」とナバロ氏は結論を付けた。

原文リンク:

Peter Navarro to Newsmax: China, Fauci Both ‘Covered Up’ COVID | Newsmax.com

著者:Eric Mack

アップロード:小鹿  

もっと情報りたいなら、私達注目してさい

New York MOS Himalaya GTV

New York MOS Himalaya MOS TALK

New York MOS Himalaya Twitter (EN)

New York MOS Himalaya Twitter (CN)

New York MOS Himalaya |YouTube

Loading...