GETTR現場直撃:日本の新型コロナウィルスワクチン国家訴訟の原告側弁護士が選挙に言及したことにより法廷から強制的に退廷させられた

3

記者:文拓
作者:文順
翻訳:流水

日本方舟農場GETTRチームの現場記者の報告によると、現地時間の10月12日17:00頃、日本の新型コロナウィルスワクチン被害者国家賠償訴訟で、二人の原告側弁護士の一人の木原功仁哉氏が陳述中に選挙について言及したことを理由として裁判官の命により強制的に退廷させられるという、大きな出来事があった。

木原氏は記者団に対し、「私が陳述中に選挙について言及すると、裁判官はワクチン訴訟とは何の関係もない断じた」「私はそれを受け入れず選挙について話し続けたので、裁判官は私に退廷を命じたが、私が退廷しなかったので、強制的に法廷から引きずり出された。」と述べた。

木原氏は、「このワクチンの本質は政治的な選挙問題である」という理由で選挙について述べたとし、現在も訴訟は続いているが「訴訟だけに頼っていてはワクチン接種をやめさせることはできない」と楽観視していない。

lilyLEE 小李在大阪 on GETTR

注:本文は作者の観点だけを代表し、Gnewsとは関係ありません。

参照リンク:

Loading...